ブライダルフラワー、ブーケ加工、生花配達、フラワーサロン

ブーケ加工

その感動を確かな記念の品として残せるブーケ加工。
岡山県内では珍しいオリジナルのボトルブーケは高い技術力とセンスを持った職人がひとつひとつハンドメイドでお作りいたします。
あなたの感動を形に残すオリジナルブーケをご提案いたしますので、気軽にご相談ください。

ブーケ加工のご相談はこちら>>>





このページのTOPへ

3Dブーケ


立体的な額の中でいつまでも輝くブーケ
一番人気の3Dブーケ ・・・
壁にかけていつまでもお楽しみいただけます。
唯一、新郎様のブートニアも保存できるタイプということもあり、高い人気を誇っています。
ご希望の方はブーケと一緒に送ってください。奥行きのある額にブーケ・ブートニアともに、生花の時とほぼ変わらない形でアレンジします。
繊細なブーケの花が立体額のなかでとても魅力的に咲き続けます。

3Dブーケのご相談はこちら>>>


このページのTOPへ

ボトルブーケ

ボトルブーケとは、結婚式当日、お二人が持ったブーケをお預かりし、シリカゲルという乾燥剤を使い、お花の水分だけを取り除いて、お花の持つ自然な色・形を残す残すことができます。
そのお花はガラスの器に、また立体額の中にアレンジし、ブーケを半永久的に残すことができます。
ボトルブーケの魅力は、なんといっても生花のようなみずみずしい姿を数年、保存状態がよければ10数年にもわたって楽しめるところです。
記念品や贈り物、ウエディングブーケなどにもってこいのお花なのです。

ボトルブーケのご相談はこちら>>>

このページのTOPへ

押花ブーケ

伝統的なスタイルの押し花 ブーケを押し花にして残すのは古くから伝統的なやり方でいつまでも人気があります。
お二人の新居に合わせたイメージで額をお選びください。
サイズは4サイズになります。それぞれの額のサイズに合わせて制作いたします。

押し花ブーケのご相談はこちら>>>

このページのTOPへ

ブーケ加工ができるまで

お客様からブーケをお預かりして、ブーケのお花を一度分解して、 一輪一輪お花を加工していきます。 花によって加工方法や加工にかかる時間はさまざまですので、 そのお花にあった加工技術で制作加工していきます。
お花の加工が終わりましたら、次はお花の組み立てです。
ピンセットを使い丁寧に組み立てデザインしていきます。
もちろん基本的にはお客様のブーケの形に戻していくのですが、 ガラスサイズとお花のサイズのバランスを見ながら、デザインしていきます。
綺麗にガラスを磨き発送の準備に入ります。

  • 1,ブーケのお預かり

    • お受け取り次第、デジカメでブーケを撮影します。

  • 2,乾燥

    • 花材に乾燥を促す処理を施し、それぞれのお花に最適な方法で乾燥させます。

  • 3,補正

    • 乾燥したお花にワイヤリングし、花弁や葉の補強処理を行います。花びらの補修等1輪1輪のお花の形状を整えます。

  • 4,コーティング

    • 退色防止の特殊コーティングを施し、再度乾燥させます。

  • 5,デザイン

    • 元ブーケの写真を参考にしながら乾燥したお花をデザインしていきます。

  • 6,チェック

    • 振動を与えて、ゴミの叩き出し・花材、副素材の抜落ち等の確認を行います。

  • 7,最終乾燥

    • デザイン完成後、最終乾燥を行います。

  • 8,額装

    • ドライブーケに乾燥剤を裏処理し、額に完全密封します。

ひとつ、ひとつ、プレゼント包装してから、その上を何度もエアーで保護しながら、最後に発送用ダンボールに入れていきます。
上に「婚礼商品」「ガラス割れ物」「細かい細工を施した商品」と注意書きを貼り、この商品を扱い運んで頂くすべての人に、すこしでも丁寧に扱って頂けるように細心の注意を払っております。

ブーケ加工についてのご相談はこちら>>>

このページのTOPへ